文字サイズ
縮小標準拡大
背景切り替え
サイトマップ
ひと・まち☆きらり周防大島町
現在位置:HOMEの中のお知らせの中の2018年から宅地耐震化推進事業について

宅地耐震化推進事業について

1 事業の背景及び目的

(1)背景
 平成7年(1995年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)の新潟県中越地震などにおいて、大規模に盛土造成された宅地で滑動崩落による被害が発生しました。この滑動崩落という現象のメカニズムは、これらの被害により初めて明らかになってきました。これを受けて、地震時の宅地の安全性を確保するため、平成18年(2006年)に宅地造成等規制法が改正されました。
 あわせて、活動崩落を防止するために必要な調査や工事などを支援する宅地耐震化推進事業が創設されました。


(2)事業の目的
 大規模盛土造成地の位置、場所及び規模を調査し、大規模盛土造成地マップを作成・公表することにより、宅地造成に伴う災害リスクに対する県民の理解を深めるとともに、滑動崩落による被害の未然防止を促進します。


2 大規模盛土造成地とは

 次のいずれかに該当するものをいいます。








3 滑動崩落とは

 盛土の滑動崩落は、通常時は、盛土自体の重さで「滑り出そうとする力」に対して、摩擦力などで「抵抗する力」の方が大きいために、盛土は安定しています。
 しかし、地震時には盛土が「滑り出そうとする力」に「地震力」が後押しするかたちで加わります。盛土が「滑りだそうとする力」と「地震力」を合わせた力が「抵抗する力」を上回った場合、盛土は滑り出してしまします。



                                              (例:ひな壇部の変形)

4 実施内容

 造成前と造成後の地形図や、空中写真等を重ね合わせて大規模盛土造成地を抽出します。




5 大規模盛土造成地マップの公表について

 大規模盛土造成地マップは、造成前と造成後の地形図を重ね合わせることにより大規模盛土造成地のおおむねの位置と規模を抽出したものです。
 なお、この時点でマップに示す箇所が、全て地震時に危険というわけではありません。


町名 平成29年度実施分
周防大島町参考データ (513kbyte)pdf


6 宅地耐震化推進事業Q&A

 Q&A集 (133kbyte)pdf

7 周防大島町大規模盛土造成地マップリーフレット

 リーフレット (827kbyte)pdf


お問い合わせ先

周防大島町 産業建設部 建設課 TEL0820-79-1005
〒742-2301 周防大島町大字久賀5134(久賀庁舎)


このサイトについて