文字サイズ
縮小標準拡大
背景切り替え
サイトマップ
ひと・まち☆きらり周防大島町
現在位置:HOMEの中の観光情報の中の歴史・民俗・文化から村上武吉の宝篋印塔

村上武吉の宝篋印塔

村上武吉の宝篋印塔

東和・内入、元正寺墓地に慶長九年塔(1604年、村上武吉公)、その背後に慶長十二年塔(武吉夫人)が建っている。
村上氏は今治沖の島々で活躍した水軍の家であった。それが武吉の時、毛利氏に味方し厳島合戦に大勝してから、大きく勢力を伸ばした。ところが関が原の戦いの時、武吉の子元吉が三津浜で戦死し、周防大島に渡ってきた。村上武吉は慶長六年(1601年)和田に住みつき、三年後この世を去った。その墓と婦人の墓がこれらの宝篋印塔である。
町内の同式の宝篋印塔では最大、かつ最も美しいといわれている。


[町指定文化財]


所在地:周防大島町内入
(大畠駅からバス57分、内入下車 徒歩5分 普通車近くまで可)

このサイトについて