文字サイズ
縮小標準拡大
背景切り替え
サイトマップ
ひと・まち☆きらり周防大島町
現在位置:HOMEの中のくらしの情報の中の健康・医療の中の不妊治療費助成制度から周防大島町特定不妊治療費の助成について

周防大島町特定不妊治療費の助成について

  周防大島町では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的な負担を軽減するため、特定不妊治療費の一部を助成しています。


1.対象となる治療

   特定不妊治療(医療保険が適用されない体外受精・顕微授精)

2.対象者

   次のすべてに該当する方が対象です。
  ・法律上の婚姻をしている夫婦
  ・申請日に、周防大島町に住所を有している夫婦
  ・山口県が指定する医療機関において特定不妊治療を受けた夫婦
   ※他の都道府県が指定している医療機関も可能です。
  ・特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された夫婦

3.助成の内容

  ◆助成の範囲と回数
   妻の年齢が43歳になるまでに治療を開始された夫婦で、通算10回までを助成
    ※これまでの助成回数を含みます。
  ◆助成額等
   ●夫婦の合計所得が730万円未満の場合
    
○山口県の助成が受けられる場合(※先に県への助成申請を行ってください。)
     治療に要した費用から山口県の助成決定額を差し引いた額に対して、1回の治療につき、
     150,000円(治療区分C及びFの治療については、75,000円)を上限として助成。
    
○過去の助成回数により、山口県の助成が受けられなくなった場合
     1回の治療につき、300,000円(治療区分C及びFの治療については、150,000円)を上
     限として助成。

   ●夫婦の合計所得が730万円以上の場合
     1回の治療につき、75,000円(治療区分によっては、37,500円)を上限として助成。

   ※夫婦の合計所得は、申請日の前年(1月から5月までの申請については、前々年)分です。
   ※1回の町助成額が500円に達しない場合は、助成の対象となりません。

4.申請方法及び申請窓口

   申請に必要な以下の書類等をご準備いただき、健康増進課又は最寄り総合支所にて手続きをお願いします。 
 (※健康増進課への郵送も可能です。)

5.申請に必要な書類

  ◆山口県特定不妊治療費助成事業対象の方
   (1)
周防大島町特定不妊治療費助成事業申請書(PDF 92.4KB)
   (2山口県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し

  ◆山口県特定不妊治療費助成事業の対象にならない方
   (1)
周防大島町特定不妊治療費助成事業申請書(PDF 92.4KB) 
   (2)
周防大島町特定不妊治療費助成事業受診等証明書(PDF 105KB)
   (3)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(1ヵ月以内発行のもの)
    (例)住民票(続柄記載あり)
   (4)ご夫婦それぞれの申請日の前年(1月から5月までの申請については前々年)の所得を証
    明するもの(児童手当法施行令による控除が確認できるもの)
    (例)市町が発行する所得(非課税)証明書⇒周防大島町では、「所得・課税証明書」
       ※源泉徴収票のみは不可(他の所得が確認できないため)
   (5)医療機関発行の領収書(保険適用外診療分)
    ※領収書の写しを提出する場合は、申請窓口へ原本を持参し、担当者による原本証明を受
     けた上で提出してください。


6.その他

  ◆妻の年齢が43歳以上で申請される方へ
    妻の年齢が43歳以上で周防大島町特定不妊治療費助成事業を申請される場合、妻の年齢
   が43歳になるまでに治療を開始したことを証明する資料の提出が必要となります。
    ただし、43歳までに町特定不妊治療費助成事業の助成金を受けたことのある方は、資料
   の提出は必要ありません。
    ※詳細につきましては、健康増進課健康づくり班にお問い合わせください。



お問い合わせ先

健康増進課 健康づくり班 TEL 0820-73-5511

 
このサイトについて