文字サイズ
縮小標準拡大
背景切り替え
サイトマップ
ひと・まち☆きらり周防大島町
現在位置:HOMEの中のくらしの情報の中の健康・医療の中の予防接種(乳幼児・児童生徒)から子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨差し控えについて(ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチン)

子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨差し控えについて(ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチン)

 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から予防接種法に基づく定期予防接種として、小学6年生(12歳相当)から高校1年生(16歳相当)の女性を対象に実施しておりますが、平成25年6月14日に厚生労働省で開催された平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。
 なお、接種の中止ではありませんので、接種を希望する方は定期接種(公費負担)として接種できます。下記厚生労働省資料「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」を参考に、ワクチンの有効性とリスク等について、十分理解していただいた上で接種をしてください。




お問い合わせ先

健康増進課 健康づくり班 TEL 0820-73-5504

このサイトについて