人と自然が響きあう 笑顔あふれる安心のまち
人と自然が響きあう
笑顔あふれる安心のまち

文字サイズ

大中小

背景切り替え


現在位置:HOMEの中のお知らせの中の2023年からパブリックコメント「周防大島町病院事業経営強化プラン(素案)」に対するご意見を募集します

パブリックコメント「周防大島町病院事業経営強化プラン(素案)」に対するご意見を募集します

 「周防大島町病院事業経営強化プラン(素案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について


意見募集の趣旨

 当プランは、国が示す公立病院経営強化ガイドラインに基づき、将来にわたって持続可能な地域医療提供体制を確保するため、地域の実情を踏まえつつ、必要な経営強化の取組などを記載し策定するもので、対象施設は東和病院、大島病院、橘医院となっています。
 現在、柳井医療圏では少子高齢化や人口減少が進んでおり、その中でも周防大島町では、働き手となる生産年齢人口の減少のみでなく、後期高齢者人口も平成28(2016)年から一貫して減少に転じており、患者数も減少していくことが推計されています。
 令和5(2023)年5月8日の新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後においても、当該施設の患者数は低迷しており、今後、医療需要がますます減少することや、生産年齢人口の減少に伴い、医療従事者の確保がすでに困難となっている現状から、地域における役割・機能の明確化・最適化を基とした、施設の効率化や集約化が求められています。 
 そこで、当プランでは、将来の医療需要等を踏まえ、令和6(2024)年4月から、現在、入院患者数が50人前後と低迷している東和病院の2病棟を1病棟(60床)の運用とし、また、入院患者数の減少や夜勤従事者をはじめとした医療従事者の確保が困難となったため、令和3(2021)年2月から病床全て(19床)を休床としている橘医院を無床化することなどを記載しています。
 これらを踏まえ、町病院事業局の基本理念である「地域住民に安全・安心な医療・介護・福祉を提供するために、親しまれ、愛され、信頼される組織になるよう職員一丸となって努めます。」を実現するため、今後地域が必要とする医療水準を満たし、その提供体制を持続可能なものとするための「周防大島町病院事業経営強化プラン」(素案)を策定しましたので、町民の皆さまからご意見をいただくため、パブリックコメントを実施します。


意見募集期間

令和5年12月22日(金曜日)から令和6年2月2日(金曜日)午後5時まで


素案の閲覧

周防大島町病院事業局または、東和病院、大島病院、橘医院、やすらぎ苑、看護学校、周防大島町役場各総合支所

  

意見提出対象者

1 町内に住所を有する方
2 町内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体
3 町内の事務所又は事業所に勤務する方
4 町内の学校に在学する方
5 当該案件に利害関係を有している方


意見の提出方法

  周防大島町パブリックコメント意見提出様式(任意様式可)に、氏名及び住所(法人などの場合は名称および代表者、所在地)などを漏れなく記入し、次のいずれの方法で提出してください。なお、電話など口頭による意見の受付は行いません。
1 郵送     〒742-2106 周防大島町大字小松1388番地6 周防大島町病院事業局
2 ファックス  0820-74-5067
3 電子メール soumu@suo-kouei.com
4 病院事業局各施設へ持参


提出された意見の取扱い

 提出していただいたご意見は、内容ごとに整理し、町の考え方を付して、最終的に決定された計画とあわせてホームページ上でとりまとめて公表します。したがって、個々のご意見については、直接または個別の回答はしませんので、ご了承ください。
 提出された個人情報については、利用目的の範囲内で利用するものとし、目的外では利用しません。


意見提出様式


お問い合わせ先

周防大島町病院事業局 総務部
TEL:0820-74-2332

〒742-2192 山口県大島郡周防大島町大字小松126-2


周防大島ロゴ

Copyright(C) Suo-Oshima Town All Rights Reserved.